斎場で葬儀する前に老前整理をする|今後の生活サポート

業者に荷物整理依頼

生前整理を始める年齢が若くなってくる

終活という言葉が流行語になるなど、自分の人生の終わり方を考える人が増えています。お葬式の準備の他に今後余り使わない物を人にあげたり捨てたりして身の回りをすっきりさせる事で、残された人生をより有意義に送ることができます。生前整理は年齢を重ねた人がするものというイメージが大きいのですが、年をとってからでは体力的に難しくなるため今後は子供が巣立った後や定年時など人生の節目に生前整理を行い、新しい人生に向けてスタートを切る人が増えてきます。寿命が伸びるに従い新しいステージに移る時に生前整理を行なうことは、今までの人生を振り返ると共に新しい人生の目標を見つけることでもあります。生前整理のための講座なども開催されており、受講者が増えています。

手をつけにくいところから始めた方が良い

生前整理をする注意点としては、なるべく体力のあるうちに取り出しにくいところにしまってある荷物を整理することです。屋根裏部屋や押入れの天袋にしまってある物は、年を取ってからでは自分で整理することができなくなります。体力的に辛い場合や、不要な物が沢山出て捨てるのが大変な時は生前整理を手伝ってくれる業者に依頼するのも良い方法です。価値のあるものは買い取ってくれるところもあります。また特に整理しにくい思い出の品などは写真に撮っておくと捨てやすくなります。写真も膨大な数がある場合にはデータ化すると量を減らせます。自分ではなく親に生前整理をしてもらいたい場合は、まずよく話し合い整理する事が大切だとわかってもらう事が大切です。