斎場で葬儀する前に老前整理をする|今後の生活サポート

効率良く遺品処分

頭がしっかりしているときにこそ

人は誰しもその命が尽きるときがやってきます。亡くなってしまえばあとはどうでもいい、という方もおられるかもしれませんが、できることならば遺族などにも迷惑がかからない形にしておきたいものです。生前整理は最後を迎える前に、物や情報や想いを遺そうとするもので、高齢の方だけでなく、多くの人が生前整理について考えています。実際、高齢になるにしたがって、記憶力や判断力というものが徐々に衰えていきます。そうなる前に、できる限りメモを取るなり、物をわかりやすいところに整理したり、また家族や友人あてに手紙などをしたためることをしておいたほうが良いでしょう。もちろん一人ですることが困難であれば、家族の協力を仰ぐことも必要になってきます。

生前整理のアドバイスを受けたいなら

昔の人は特に物を大切にします。ですから、いつか使うだろうと取っておいたものが、押入れや倉庫に多く眠っていることがあります。亡くなられた方の持ち物は遺品となるわけですから、遺族はそれらをなかなか捨てにくくなってしまいますし、大きな物ですと処分料がかかったりもします。なので、大事なものはしっかりと取っておき、いらないものは捨てる勇気を持つことが大切です。あと、交友関係はしっかりと紙に記しつつまとめたほうが良いでしょう。手紙を遺すにしろ、頭がはっきりしているときに書いたほうが、きちんとした文章で仕上げられます。いま、生前整理のアドバイザーという職業の人もいます。そういった人に生前整理のコツなどを聞くと、大変参考になります。